桐たんすの側板カンナがけ

紹介する桐たんすは科学塗料にて仕上げてあった為、サンダーにて塗幕取り後たんすを洗いました。

削りつけの動画と削る前と削り後の写真を出しますがあまり分からないかもしれませんがご覧ください。

桐たんすの塗装は水に弱く表面に水が付くと吸い込み跡が残ります。

そこで色変わりを防ぐため職人が考え試された箪笥の一例となります。

私の考えですが桐たんすは水分を吸ったり、はいたりするから良いのであって科学塗料で道管をふさぐ事は賛成出来ません。当店は昔ながらのヤシャ液で塗ります。

ご依頼者に桐たんすを扱うときは、水ぶきと科学雑巾での掃除はしないでくださいと注意しています。

:削りつけ動画です。下記よりご覧ください。

https://youtu.be/-yjkz52NJlw

削りつけ完了です。

▲このページのトップへ