洗濯箪笥の到着を心待ちにして出迎えてもらいました。

今日は垂井町より桐たんすの洗濯を依頼された二竿を納品してきました。到着を心待ちにされていた様で、確認の電話で出ている事を聞き安心されたようです。到着時には玄関先で依頼者ご夫婦とお姑さん3人が待って見え、バックドアを開け布団をめくるまでの動作を食い入る様に見られ、箪笥とご対面の一言「あんな汚い箪笥が!!綺麗すぎる!!」と感心され、玄関より部屋への運搬時にも、ご主人が「奇麗になるもんやなー!!」何度も同じ様な言葉を頂き嬉しい限りでした。


▲このページのトップへ