桐の木の端材が貯まったので桐板作り

桐たんすを製造したり、修理をすると端材が出ます。ある程度貯まったら剥ぎ合わせ、板にして引出しの側板などに使います。剥ぎ合わせた写真と板になった写真です。材料は無駄なく利用します。


▲このページのトップへ