もう一方の桐箪笥開の木地調整が終わり、時代箪笥の裏板、胴縁貼りまで来ました。

桐タンスは修理も終え、表面のカンナがけ、木地調整を終え色塗りを待つばかりです。時代箪笥は割れの酷い薄い板のため、今後長く使って頂くために桐板に交換修理しました。前面も角欠け、傷が多いため胴縁、棚板の全面の貼替修理をしました。

カンナがけも済み、あとは色塗りとなります。
桐タンスの修理、木地調整
裏板が割れ薄いため、強化のため桐板に交換修理
時代箪笥の裏板桐貼り交換修理
胴縁、棚板は長年のキズのため、張り替えます。
時代箪笥の胴縁の貼替修理

▲このページのトップへ