揖斐川町より修理依頼を受けた桐たんすはお孫さんが嫁入り箪笥として使われます。

嫁入り箪笥として、お孫さんが受け継いで使われる、とても良い話です。開き箪笥は虫食いが多かった為、前面に新しい桐を貼り長く、また再生の利くように修理しました。

昇り箪笥の方は、一度修理がしてあり直すのが大変です。今日も修理しましたが、段階を踏んで進まなければ成らず時間がかかります。

桐箪笥の修理、再生はこちらから

桐箪笥の前面に新桐を貼り、ほぼ新品に成ります。
桐箪笥の修理、貼直し
タンス本体の角が欠けているため、これより新桐を貼ります。
角欠け修理 前
欠けた所に新桐を貼る修理が完了、後は削り付けです。
角欠け修理 貼り付け
側板のカンナがけ前です。
本体側板の削り付け前
本体側板のカンナがけ修理です。汚れは取れました。
本体側板削り付け後

▲このページのトップへ