名古屋市より修理依頼の桐たんすと茅ケ崎市より修理依頼の黒檀箪笥

大分遅れている修理依頼の桐タンスに係りました。本体側板の割れ修理と裏板剥がしをしました。明日裏板の新品交換修理に成ります。

茅ケ崎市より修理依頼の黒檀タンスの漆塗りに入りました。これより重ね塗りとなります。

四日市市の時代箪笥は引戸の削り付けをした所、中は虫穴で使い物になりません。新規に作り替えです。思わぬ修理で見積違いです。厚塗りの場合、注意が必要です。毎回思うのですが・・・

桐たんすの修理、洗濯はこちらから

その他の箪笥の修理、再生はこちらから

時代箪笥の修理、再生はこちらから

側板割れに桐の木を埋め割れの補強修理です。
桐箪笥の側板割埋め木修理

長い年月には乾燥により割れが出てきます。埋め木で修理します。

裏板を桐の新品にするため、剥がし新桐を貼ります。
裏板交換剥がし修理

裏板の割れが不規則で貼替が必要で新規に桐を貼りかえます。

仕上がった木地箪笥に漆を塗ります。
黒檀タンスの漆塗り

仕上がり予定が遅れています。漆塗りが終われば完成となります。

虫食いのため、思わぬ作り替えとなり見積違いです。
時代箪笥の作り直し修理

引戸枠がカンナがけ後虫食いで使い物にならない事が判明作り替え


▲このページのトップへ