晴天で桐箪笥を洗うには絶好、桐たんすの裏板貼替も丁度良し

晴天で洞戸より修理依頼の桐たんすの洗いを行いました。桐たんすとしては末期の新しいタンスです各所にラワン材が使ってある為と機械の使用が多くみられるからです。長く使って頂くため桐たんすらしく手間はかかりますが良い物にしたいと思います。

名古屋から修理依頼の桐たんすの裏板交換修理をしました。明日が休みで木曜日が雨です。裏板を打つのは今日しかありません。

四日市市より修理依頼の時代箪笥は大体が出来上がりました。木地調整をして漆塗りに入ります。

桐たんすの修理、洗濯はこちらから

時代箪笥の修理、再生はこちらから

汚れを落とす作業です。
桐たんすの洗剤洗い

長年の汚れを洗い、天日にて日光消毒し修理にかかります。

洗い終えた桐箪笥を天日乾燥します。
桐たんすの天日乾燥

引出、本体を洗い長年のホコリ、汚れを取り除き乾燥です。

割れが酷い時は交換修理
桐箪笥本体裏板の新規交換

使ってある材の気質が悪い時は直しても同じなので交換します。

木地が出来ました。
時代箪笥の修理、再生

虫の食っていた引き戸を作り直し、荒木の状態完成です。


▲このページのトップへ