関市洞戸より修理依頼を頂いた桐たんすのヤシャ塗り完了

関市洞戸より修理依頼を頂いた桐たんすの砥の粉下塗りとヤシャ仕上げ塗をしました。本体側板は新桐を貼ったため、とても綺麗な目が立ち出来上がりは上々です。

引出のロウ磨きはおふくろの仕事で、明日私が本体のロウ磨きをします。

親父は名古屋からの修理依頼を頂いた桐たんすの引出の作り替えを頑張ってやっています。

桐たんすの修理、洗濯はこちらから

桐たんすの塗りの最初の行程で砥の粉の下塗りです。
砥の粉の下塗り乾燥

桐たんすの塗りの最初の行程で砥の粉の下塗りです。

桐たんすの本塗りでヤシャと砥の粉を合わせ塗りあげて乾燥させます。
桐箪笥のヤシャ塗り乾燥完了

桐たんすの本塗りでヤシャと砥の粉を合わせ塗りあげて乾燥させます。

引戸に虫食いが見られ、作り替えが必要なためパーツを作っている所です。
桐たんすの引戸の作り替え

引戸に虫食いが見られ、作り替えが必要なためパーツを作っている所です。


▲このページのトップへ