関市より修理依頼の桐タンスの前面、側板削りと岐阜市より修理依頼の桐タンスの仕上げ塗り

地元関市より修理依頼の桐箪笥の前面、側板のカンナがけをしました。名古屋作りの箪笥はカンナがけに注意が必要で神経を使います。カンナがけが終わり木地調整をしますが、ここでも最新の注意が必要です。注意をしていてもミスをします。とりあえず今日の仕事は終わりです。

上記は午後の仕事で午前は岐阜市より修理依頼の桐箪笥の砥の粉ヤシャ仕上げをしました。天気、気温も上がり塗りがしやすくなりましたが、季節で守る感覚があり手先に教えが来ました。手先、指先は自分でもビックリです。乾燥後はおふくろが前面ロウ磨きをしてくれ明日本体ロウ磨きを私がします。

桐たんすの修理、洗濯はこちらから

名古屋作りのため削りシロが限られています。神経を使い削った姿です。
桐箪笥の前面カンナがけ

名古屋作りのため削りシロが限られています。神経を使い削った姿です。

前面とは違い、ある程度は削り落とせるので安気ですが、表面が波打ち大変です。
桐箪笥側板のカンナがけ

前面とは違い、ある程度は削り落とせるので安気ですが、表面が波打ち大変です。

桐箪笥の塗装の最終仕上げで、後は乾燥させロウ磨きをしたら完成です。
ヤシャ塗りの本仕上げ

桐箪笥の塗装の最終仕上げで、後は乾燥させロウ磨きをしたら完成です。

ヤシャ仕上げが終わり乾燥後のロウ仕上げです。非常に微妙なタッチが必要で大変な仕事です。
乾燥後のロウ磨き

乾燥が終わり乾燥後のロウ仕上げです。非常に微妙なタッチが必要で大変な仕事です。


▲このページのトップへ