四国丸亀市より修理依頼の黒檀タンスの塗膜取りと特急仕事の整理箱

四国丸亀市より修理依頼の黒檀一間箪笥の修理に入りました。引出はすでに洗い天日干ししてあります。底板の割れは一か所だけでしたが、前板と底板のノリ切れが全てにあり糊を入れ木釘で締め直しの修理をしました。前面の塗料をサンダーにて取り荒木地を出しました。この後表面を塗りの出来る状態に調整していきます。まずは初期段階の仕事を本体もしていきます。

白鳥町より依頼の特急仕事の忘れ物、脚を作ることを思い出し仕事担当の親父に作ってもらい完成しました。後は前戸の仕上げです。もう一方の棚は木地が出来上がり次第かかるつもりです。

その他の箪笥の修理、再生はこちらから

長い年月の間にノリ切れが発生し、引出しが固まっていません。糊を入れ木クギで固め修理します。
引出底板のノリ木クギ固め

長い年月の間にノリ切れが発生し、引出しが固まっていません。糊を入れ木クギで固め修理します。

引出に塗られた化学塗料を取らねば次の仕事に移れません。サンダーにて取り洗仕事が終わりました。
引出全面の塗膜取りの前後

引出に塗られた化学塗料を取らねば次の仕事に移れません。サンダーにて取り洗仕事が終わりました。

かなり厚く残ってい塗料もありましたが、取り除くことが出来ました、これで次の仕事へ移れます。明日は残りの塗膜取りをします。
引出全面の塗料取り完了

かなり厚く残ってい塗料もありましたが、取り除くことが出来ました、明日は残りの塗膜取りをします。

足を付け高くして欲しいと言われ、足が出来上がりました。本体が逆さまに成っていますが足の寸法を測る為です。
小物箱の注文修理

足を付け高くして欲しいと言われ、足が出来上がりました。本体が逆さまですが足の寸法を測る為です。


▲このページのトップへ