小牧市より修理依頼の時代箪笥と丸亀市より修理依頼の黒檀箪笥

小牧市より修理依頼の時代箪笥の胴縁、棚板の新木貼り付け完了と本体の下塗り用の基礎完了そして交換用の前板の木目貼りのプレスまで終わりました。

黒檀タンスの修理は難航していますが、上置の修理に入りました。天井の飾りを剥がし、側板のカンナがけ、内部の洗剤洗いを終え明日より割れ直しと手こずる胴縁、棚板の塗膜剥がしになります。

時代箪笥の修理、再生はこちらから

その他の箪笥の修理、再生はこちらから

時代箪笥は長い間の使用でキズが多くみられます。貼替により仕上げ後の出来上がり感が違います。
時代箪笥の胴縁、棚板の貼替

時代箪笥は長い間の使用でキズが多くみられます。貼替により仕上げ後の出来上がり感が違います。

比較的綺麗な上置き内部です。洗剤を使い汚れを洗います。
黒檀タンスの上置き内部の洗い

比較的綺麗な上置き内部です。洗剤を使い汚れを洗います。

大変大きな上置きのため作業台の上に乗せ側板のカンナ削りをしました。明日裏板の割れ修理をします。
上置き本体側板のカンナがけ

大変大きな上置きのため作業台の上に乗せ側板のカンナ削りをしました。明日裏板の割れ修理をします。


▲このページのトップへ