高山市より修理依頼の桐箪笥の胴縁、棚板の桐貼り完了と引出の仕込みと各務原市より修理依頼の楠箪笥のラッカー塗料剥がし

まずは先週四国丸亀市に送った黒檀箪笥が無事、到着したと喜びとお礼のメールを頂きました。無事届いた事と仕上がりを気に入って頂いたことが何よりでした。

高山市より修理依頼を頂いた桐箪笥の胴縁貼りが乾き、ハタガネを外しました。表面を整えるためカンナがけをします。積み上げ引出の仕込みに掛かりました。完成まで後ひと踏ん張りです。

各務原市より修理依頼の楠箪笥の引出表面のカンナがけと胴縁のラッカー塗料の削り取りを行い出来るだけ木地を出し削りやすくします。

桐箪笥の修理、洗濯はこちらから

その他の箪笥の修理、再生はこちらから

昨日糊付けした胴縁、棚板の貼り直した桐が乾いたのでハタガネを外しました。調整のためカンナがけします。
桐箪笥の胴縁、棚板の桐貼

昨日糊付けした胴縁、棚板の貼り直した桐が乾いたのでハタガネを外しました。調整のためカンナがけします。

桐箪笥の胴縁、棚板の貼替が済み積み重ね引出の仕込みをしました。前板の調整が終われば塗り工程に移れます。
桐箪笥の引出仕込み

桐箪笥の胴縁、棚板の貼替が済み積み重ね引出の仕込みをし前板の調整が終われば塗り工程に移れます。

引出表面のカンナがけをしますが、目が入り組んでいてカンナがけが大変難しいです。
楠箪笥の引出削り付け

引出表面のカンナがけをしますが、目が入り組んでいてカンナがけが大変難しいです。

楠箪笥の本体、胴縁、棚板のラッカー塗料を剥がします。後の削り付けを楽にするためです。
楠箪笥の塗料剥がし

楠箪笥の本体、胴縁、棚板のラッカー塗料を剥がします。後の削り付けを楽にするためです。


▲このページのトップへ