関市より修理依頼の桐タンスの胴削りと疑似柾の表面削り、海津市より修理依頼の時代箪笥の引出、台輪の削り付け

関市より修理依頼の桐タンスの胴の削り付けと胴縁と棚板面の汚れ取りと磨き仕事をしました。胴の削り付けの前後の写真を掲載します比較ください。

それと偽造柾の写真を乗せますが、上手に表現出来ませんが拡大ください理解できると思います。

海津市より修理依頼の時代箪笥の胴縁、棚板の貼替が終わり上置き、開き戸の削り付けをしました。開き戸の鍵と錠の取り換えが必要なため古い所を埋め木しました。明日掘り直しです。

桐箪笥の修理、洗濯はこちらから

時代箪笥の修理、再生はこちらから

桐タンスの胴の削り付けをしました。比較が出来る様に並べました。左の箪笥も同じ状態になっています。
桐タンスの側板の削り付け

桐タンスの胴の削り付けをしました。比較が出来る様に並べました。左の箪笥も同じ状態です。下地を綺麗にするから美しい仕上げに成ります。

上の写真が粗削りをした表面です柾は数本です。下記の写真は拡大すると作った柾目が分かると思います。これが仕上げに問題を残します。
偽造柾目の比較

上の写真が粗削りをした表面です柾は数本です。下記の写真は拡大すると作った柾目が分かると思います。これが仕上げに問題を残します。

開き戸をカンナでかなり削り付けましたが偽造柾目が残っています。水を塗り木の復元を利用して明日削り直します。
開き戸の削り付け

開き戸をカンナでかなり削り付けましたが偽造柾目が残っています。水を塗り木の復元を利用して明日削り直します。

盆引き、引き戸、開き戸の削り付けをしましたが、写真撮りがされていませんでした。壊れ方、汚れが特に酷かった箪笥ですが、裏板の交換、胴縁の貼替など修理を終え綺麗になったと思います。
時代箪笥の木地出し

盆引き、引き戸、開き戸の削り付けをしました。壊れ方、汚れが特に酷かった箪笥ですが、裏板、胴縁の貼替など修理を終え綺麗になったと思います。


▲このページのトップへ