大阪市より修理依頼の時代箪笥の胴縁貼りと引出全面の塗膜取りと木地出し

大阪市より修理依頼の時代箪笥の胴縁、棚板貼りの準備で貼り板の作成、引出全面の化学塗料の剥がしを二人で行いました。

時代箪笥の修理、再生はこちらから

 

大阪市より修理依頼の時代箪笥の胴縁、棚板の貼替修理です。引出の奥行より胴体の奥行が短い為、厚い板貼り修理が必要です。
時代箪笥の胴縁、棚板修理

大阪市より修理依頼の時代箪笥の胴縁、棚板の貼替修理です。引出の奥行より胴体の奥行が短い為、厚い板貼り修理が必要です。

左記の作業で準備した新しい板を胴縁に貼り付けます。明日ハタガネを外し内部の棚板の貼り付けとなります。
時代箪笥の胴縁張り修理

左記の作業で準備した新しい板を胴縁に貼り付けます。明日ハタガネを外し内部の棚板の貼り付けとなります。

前面に厚く化学塗料が塗ってあります。この塗膜を取らないと木地は出ません根気がいりますが、とにかく削り取ります。
時代箪笥の表面塗膜剥がし

前面に厚く化学塗料が塗ってあります。この塗膜を取らないと木地は出ません根気がいりますが、とにかく削り取ります。

根気よく塗膜取りをしました。引出の前板が反りカンナがけは不可能のためサンダーで木地調整木地出し
引出塗料剥離後の木地出し

根気よく塗膜取りをしました。引出の前板が反りカンナがけは不可能のためサンダーで木地調整をしました。木地出し状態です。


▲このページのトップへ