犬山市より修理依頼の水屋戸棚の敷き道作り替え修理と木地出し修理

犬山市より修理依頼の水屋戸棚の敷き道作り替えと分解したパーツの木地出し修理をしました。

下台部分は虫が入っていた為、欠き取り新しい板を貼りましたが、漆を塗ると修理箇所が解りますが、修理が前提です。

パーツの木地出しを順次出し今回は前面、後面を組み立て下塗りの柿渋塗り、漆塗りへと行程を進めたいと思っています。

水屋戸棚の修理、再生はこちらから

長い年月で敷き道は彫れ、引き戸の役目を果たさなくなっています。掘れ上がった敷き道を新しい木を貼り作り直します。
水屋戸棚の敷き道作り直し修理

長い年月で敷き道は彫れ、引き戸の役目を果たさなくなっています。掘れ上がった敷き道を新しい木を貼り作り直します。

下台部分は地面に近く虫が入ったり、材料の悪い部分を使う為、内から下から虫が入る場合が多いですので修理をします。
パーツの虫食い部分修理

下台部分は地面に近く虫が入ったり、材料の悪い部分を使う為、内から下から虫が入る場合が多いですので修理をします。

バーツの汚れた部分を鉋がけして木地を出し、表面の木地調整をします。出来上がり後、柿渋塗り、漆塗りへと仕事を進めます。
水屋戸棚のパーツの木地出し前と後

バーツの汚れた部分を鉋がけ木地を出し表面の木地調整をします。出来上がり後、柿渋塗り、漆塗りへと仕事を進めます。


▲このページのトップへ